Fusion-io ioMemory VSLデバイスドライバーのダウンロード

Computers & electronics Data storage Data storage devices NAS & storage servers

2011/02/03

Fusion-io ioDrive Resolution Links contained herein to external website(s) are provided for convenience only. Red Hat has not reviewed the links and is not responsible for the content or its availability. The inclusion of any link to an

Product: ioMemory VSL Device Company: Fusion-io, Inc. Description: Fusion-io ioMemory VSL Device Driver Version: 2.3.1.43819 MD5: c40eb8ccca1688ae5c36f0d07263217f 2012/09/11 Fusion-io、Fusion-ioのロゴ、ioMemory、Virtual Storage Layer、VSL、Flashback、 Flashback Protection、ioManager、およびioDriveは、Fusion-io, Inc.の米国および その他の国における商標または登録商標です。 2012/06/25 Fusion-io ioDrive Resolution Links contained herein to external website(s) are provided for convenience only. Red Hat has not reviewed the links and is not responsible for the content or its availability. The inclusion of any link to an 2017/10/26 2011/10/24

2015/10/06 Versions The driver is derived from the original iomemory-vsl-3.2.16, but has several fixes and gone through rigorous cleaning of redundant unused and old code. Active development is done on master, while tags are used for releases. are used for releases. 2013/08/20 2011/12/12 詳細の表示を試みましたが、サイトのオーナーによって制限されているため表示できません。 PCIe-SSD ioDrive2 RHDUP driver package iomemory-vsl 3.2.6.1212 for RHEL6.4 ご使用にあたって ソフトウェアのご使用にあたっては、下記のご使用条件をお守りください。ご使用条件を遵守できない場合には、本ソフトウェアは使用しないで 2014/06/26

To prevent the IO Accelerator from auto-attaching, add the following line to the iomemory-vsl.conf file: options iomemory-vsl auto_attach=0 The driver option then takes effect for every subsequent driver load, as well as on autoload of the driver during boot time. Fujitsu SQ Application Unit S1 のドライバーは、エラーを修正し、デバイスの障害を取り除くのに役立ちます。Windows Vista, Windows 8, Windows 2000, Windows XP, Windows Server 2003, Windows 7のドライバーをFujitsu SQ Application Unit S1にダウンロードしてください。 ダウンロード方法. ダウンロードファイルは自己解凍形式で圧縮されています。 ダウンロードファイルを格納するための、作業用フォルダを作成してください。 (作業用フォルダの名前・場所は任意でかまいません。 ということで再度、FusionIOのドライバーページより、iomemory_vslのソースRPMをダウンロード&展開。 [root@real-sas-iodrive-test 2.3.10]# rpm -ivh Software\ Source/iomemory-vsl-2.3.10.110-1.0.src.rpm エラー: %sourcedir を /usr/src/redhat/SOURCES に作成できません。 Computers & electronics Data storage Data storage devices NAS & storage servers No category PCIe SSD-785GB PCIe SSD-1.2TB Microsoft Windows 向け

2014/09/03

Fusion-io ソリューション Fusion-io は、ioMemory と呼ばれる革命的な NAND 型フラッシュ メモリ層を実現 しました。このテクノロジーにより、DRAM、CPU、ネットワーク バンド幅、ディ スクストレージ等のリソース間で失われていたバランスと 2013/01/17 2020/07/09 2013/06/28 2012/10/27 IBM High IOPS アダプター [Fusion-io ioDrive / ioDrive2] 導入ガイド(Windows版) ヒント集 <はじめに> High IOPS アダプターは、PCI-Express に対応したカード上に大量の不揮発性半導体メモリーおよびコント ローラーを集約し搭載したもの


RHEL5.5で使っていたFusion-io ioDrive Duo 1.28TB を、RHEL6.3に変更することになったので、その作業方法をメモしておきます。 【iomemory-vslについて】 FIOのデバイスドライバーはiomemory-vslというものですが、これは以下のような関係性を持っています。

2012年11月7日 ダウンロード. Fusion-ioのサポートサイトでドライバとファームウェアをダウンロード https://support.fusionio.com/downloads iomemory-vsl-2.3.10.110-1.0.el6.src.rpm fio-common-2.3.10.110-1.0.el6.x86_64.rpm fio-format /dev/fct0 Creating a standard block device of size 322.55GBytes (300.40GiBytes).

2012年11月7日 ダウンロード. Fusion-ioのサポートサイトでドライバとファームウェアをダウンロード https://support.fusionio.com/downloads iomemory-vsl-2.3.10.110-1.0.el6.src.rpm fio-common-2.3.10.110-1.0.el6.x86_64.rpm fio-format /dev/fct0 Creating a standard block device of size 322.55GBytes (300.40GiBytes).

Leave a Reply